ジュゼッペ・ヴェルディ

生没年・出身地・歿地・墓地
ジュゼッペ・ヴェルディ生誕 Giuseppe Fortunino Francesco Verdi

(1813年10月10日パルマのロンコーレ生)
(1901年1月27日ミラノで歿)

1.職業

イタリアのオペラ作曲家

2.称号

3.経歴

⑴先祖は300年の間、エメリア=ロマーニャ州ピアチェンツァ県ヴィッラノヴァ・スッラルダのサンターガタに住む
⑵父、カルロ・ジュゼッペ・ヴェルディ(1785~1867年)はエメリア=ロマーニャ州パルマ県ブーセットから南東約5kmの小さな村ロンコーレで貧しいながらも宿屋と食料品店を営み、母ルイジア・ウッティーニ・ヴェルディ(1787~1851年)は紡績女工として働く共働き夫婦
⑶ヴェルディは7才から地元サン・ミケーレ教会のミサの侍童となりパイプオルガンのふいごを押す職に就く。オルガンが欲しいと父にねだり8才の誕生祝に中古のスピネット(卓上型の小さななハープシコード)を買って貰うい熱中して弾いたが、やがて教会のオルガニストのP・バイストロッキにオルガンと音楽の初歩を学び始める。やがて教会のパイプオルガン演奏を任せられる程に上達し評判となる。父カルロの取引先で音楽好きの裕福な実業家アントニオ・バレッツィの助言もあり両親は息子の才能を伸ばす為、
1823~31年上級学校に入学させる為、ひとりブーセットに移住し ラテン語やギリシャ・ラテン古典文学を学ぶ
10才でサン・ミケーレ教会のオルガニストに任命され、日曜日はミケール教会でオルガンを弾くためブーセットから徒歩で往復を続けるようになる
2年後ブーセットのバルトロメオ教会楽長兼ブーセット音楽学校長のF・プロヴェジが音楽学校の講義を聴講できるように図ってくれ、音楽の基礎を身につけることができるようになる
13才のときロンコーレの公開演奏会に代理出演し自作曲を演奏し大成功を収め地元での好評は広まる
1831年学業を終えるとバレッツィの自宅に引き取られ援助を受けミラノ音楽院を受験するが試験は失敗に終わる
ミラノに行きピエトロ・マッシーニの指揮するアマチュア合唱団Societa Fiilamonicaを紹介され、ここでロッシーニのオペラのリハーサル・ディレクターやピアノ
伴奏を務める機会を得て貴重な経験をすることになる
1832年ミラノ音楽院教師でスカラ座の作曲や演奏を担当しているヴィンチェンツォ・ラヴィーニャから対位法、フーガを学び始めるがラヴィーニャは才能を認め、各種類の作曲の指導、多くの演劇の鑑賞を勧め又、スカラ座のリハーサルの見学最中に、副指揮者が遅れ臨時にピアノ伴奏に駆り出されることもあったようだ
1836年2月恩師のプロヴェジが亡くなるとブッセートに呼び戻されバルトロメオ教会楽長に就任する
1836年5月公私に呼び戻されバルトロメオ教会楽長に就任する。同年5月公
私にわたり援助を続けたヴァレッツィの娘、マルゲリータと結婚
1837年3月長女ヴィルジニア出生
1839年7月長男イチリオ出生(同年10月死去)。翌月長女ヴィルジニア死去
1839年11月17日オペラ「オベルト」スカラ座で初演し大成功を収める
1840年6月18日妻、マルゲリータ骨髄炎で死去
1年のうちに妻子を失い悲しみと失意のどん底を味わった彼は後に言う「~私は敗北し、自信を失い音楽について考えることが出来ない状態だった。雪が降っていたある冬の夜、、スカラ座のメレルリに偶然に会った。~彼は原稿を無理やりに私のポケットに入れた~帰宅の途中いうにいわれぬ不快感、深い悲しみ、死の恐怖感が襲ってきた。帰宅するとこの不快な台本を力いっぱいに机にたたきつけた。床に落ちたときに本が開いた。それにチラッと眼を向けたとき、詩の一節が目に入った。”行け、わが思いよ、金色の翼に乗って”詩篇の”バビロン河にて”の一節だった。この一行は私の心をうった。この聖書を物語にした台本を読みふけった。台本を閉じてベッドに入ったが眠ることができなかった。この台本~「ナブッコ」のことが脳裏から離れず起き上がっては何回も読み直した。翌日台本を返すためにメレルリを訪れた。彼は”どうだった”とたずねた。”素晴らしい” ”じゃ作曲してくれ” ”それは駄目だ、したくない” ”作曲したまえ”こういって彼は原稿を渡しポケットに押し込み、ひと突きで部屋から押し出し、ドアを閉めてしまった。黙って台本をポケットに入れて帰宅し、今日は一節、明日は一節と少しずつ書いたが、このオペラは短期間で完成した~」
1842年3月9日オペラ「ナブッコ」はスカラ座で初演、主役ジュゼッピーナ・ストレッポーニでこのオペラは決定的な大成功を収める
1843年2月オペラ「十字軍のロンバルディア人」初演も大成功を収める
1846年レコアロ温泉で治療中に死亡説や毒殺説が流される。妻の死別後、独身を通していたが1847年頃からストレッポーニと同棲するようになり、彼女の献身的な援助により作曲活動も順調にはかどる
1851年3月オペラ「リゴレッット」初演。春頃に、以前買い求めた先祖の地。サンターガタの農場に移住。同年6月母の死
1853年1月オペラ「イル・トロヴァトーレ」ローマ。アポロ劇場で初演
1859年2月オペラ「仮面舞踏会」初演。同年8月ジュゼッピーナとサヴォアで結婚式を挙げる。1861年イタリア国会の下院議員に立候補し当選する
1862年2月ロンドン万博用の作曲を依頼され諸国民の賛歌」作曲。同年11月オペラ「運命の力」初演。その後はサンターガタ農場で農場経営に励み「昔から私は農
民だ」と主張している。1865年のオペラ「マクベス」初演は失敗
1867年3月のオペラ「ドン・カルロ」初演失敗
1868年2月父カルロの死
1869年オペラ「運命の力」改定版をスカラ座で初演し成功を収める
1872年2月オペラ「アイーダ」スカラ座で初演し大喝采を浴びる
1877年慢性気管支炎を患いモンテカルロで治療する
1884年オペラ「ドン・カルロ」改訂版上演は好評に終わる
1887年2月オペラ「オテロ」初演には後に指揮者となるトスカニーニがチェロ奏者として演奏している
1891~92年の冬にかけインフルエンザに罹り、心臓障害を起こす
1893年2月オペラ「ハルスタッフ」初演
1897年11月妻のジュゼッピーナが肺炎で死去
1901年1月21日医師が往診。異常がないことを確認。しばらくして意識を失いベッドに倒れているのを発見される。左脳内包部の大出血のために右半身麻痺をおこし1月27日午前2時50分死去

4.主な作品

オペラ「ナブッコ」・「リゴレット」・「イル・トロヴァトーレ」・「椿姫」・「シモン・ボッカネグラ」・「仮面舞踏会」・「運命の力」・「ドン・カルロ」・「アイーダ」・「オテロ」・「ファルスタッフ」ほか15曲あり

5.その他

6.初演

7.関連動画


Maria Callas -Verdi- La traviata -Libiamo ne` lieti calici
 


La Traviata
 


Luciano Pavarotti – La Donna È Mobile (Rigoletto)
 


Rigoletto
 


Messa di Requiem
 


Messa da Requiem” Karajan
 


Nabucco
 


Aida
 


Triumphal March from Aida
 


OTELLO
 


La forza del destino, “Overture”  Arturo Toscanini
 


La forza del destino, ‘Sinfonia’ Herbert Von Karajan
 


Don Carlo
 


Macbeth
 


Te Deum – Toscanini
 

参考文献:「クラシック作曲家辞典」中河原理監修、フェニックス企画編 東京出版堂 「音楽史(音楽講座)」堀内敬三著 音楽之友社 「偉大なる作曲家のためのカルテ」五島雄一郎著 医療ジャーナル社 「wikipedia」 「glennmie.blog.s0-net.ne.jp」 「robortkelloyphd.com」 「dictionary/composer/alkan」 「maucamedus.net/solmization/gawut」 「www.tcat.ne.jp/eden/music」 「www.cadenza-od.com」 「www.coara.or.jp/-doraemon/gagaku/nenpyoz.htm」 「www.gecities.jp/gzgaku.ryuteki」 「www.univesal-music,co.jp」