クルト・ヴァイル

生没年・出身地・歿地・墓地
クルト・ユリアン・ヴァイル(クルト・ワイル)生誕
   Kurt Julian WELL

(1900年3月22日ザクセン州デッサウのユダヤ人居住地区サンドボルシュタット生れ)
(1950年4月3日ニューヨークで没)

1.職業

ドイツの作曲家

2.称号

3.経歴

(1)先祖ヴァイル家のルーツは1360年頃にユダと1390年頃にその息子ヤコブ・ワイルの名前が残っており、バイエルン州・デューリンゲン州周辺のユダヤ教の聖職者にたどる。

(2)父ハザンはユダヤ教聖職者デッサウのサンドフォーアシュタットのユダヤ人街に住む

(3)クルト・ユリアン・ヴァイルはその家庭に育つ

1904年フュルストシュトラーセのフローベル幼稚園入園

1905年5才でピアノを学ぶ

1906年マルデスタットの小学校入学する

1907年家族はシュタインシュトラスに移る

1909~18年デッサウのフリードリヒ中高等学校に入る

1912年ユダヤ教会堂オルガニスト、フランツ・ブルックナーにその後マーガレット・シャピロにピアノを習う

1913年「ユダヤ人の結婚式の歌」作曲。

1914年デッサウのフェルトコルプス国粋主義青年隊に入る

1915年ソリスト,伴奏者として初出演。デッサウ宮廷楽長アルバ-ト・ビングにピアノ、作曲法等の個人指導を受け始める

1916年デューク公の甥と姪のピアノ教師となる

1917年デッサウ宮廷でボランティアのコレペティートルとなる

1918年大学入試資格を得て卒業。西ベルリンのヴィンターフェルトプラッツの下宿屋に移り、ベルリン音楽大学に入りエンゲルベルト・フンパーディングに作曲法、ルドルフ・クラッセルトに指揮法、フリードリヒ・コッホに対位法、エルンスト・カッシラーに哲学を学ぶ。同年「弦楽四重奏曲ロ短調」作曲

1919年戦争の影響を受けデッサウに戻り、デッサウ歌劇場でクナッパーツブッシュ、ディングの下でコレペティートルの職を得る。12月リューデンシャイト市立劇場の指揮者となりオペラ等の指揮をする

1920年5月~9月ライプツィヒで過ごす

1921~23年フェルッチョ・ブゾーニに作曲法、フィリップ・ヤナ-ハに作曲法、対位法を師事。「交響曲第一番」作曲

1922年「11月グループの芸術グループ」に参加

1923~25年音楽の家庭教師をバイトする

1924~29年ドイツ放送ラジオ番組ガイドに評論を執筆。「ヴァイオリンと管弦楽のための協奏曲」作曲。

1925年ゲオルグ・カイザーやイヴァン・ゴルと知り会う。カンタータ「新オルフェウス」作曲。オペラ「主役」作曲

1926年同年歌手・女優のロッテ・レーニャと結婚

1927年オペラ「ロシア皇帝は写真を撮らせ給う」。ブレヒトに出会いその台本、オペラ「マハゴニー」作曲し翌年初演される

1928年5月フランス、リビエラに行く。女優のロッテ・レーニャと結婚。オペラ「三文オペラ」作曲

1929年ベルリン・レクイエム作曲。「マハゴニー」を改作しオペラ「マハゴニー市の興亡」作曲。オペラ「ハッピー・エンド」作曲

1932年ベルリン郊外に家を購入し引っ越す

1933年オペラ「七つの大罪」作曲。ユダヤ系のためナチス政権から亡命しパリへ。オペラ「三文オペラ」米国初演。9月16日ロッテ・レーニャと離婚

1934年ニューヨークとアムステルダムでブルーノ・ワルター指揮「交響曲第2番」初演される。

1935年ロンドン・サヴォイ劇場オペレッタ「裏取引」初演。マックス・ラインハルトの招きでロンドン経由で4月渡米定住

1936年11月19日ブロードウェイのグループ・シアターで最初のミュージカル「ジョニー・ジョンソン」初演。出演はロバート・ルイス、サンフォード・マイスナー、ジョン・ガーフィールド、エリア・カザン、リー・J・コップ等

1937年1月7日聖書ドラマ「Etemal Road」初演。1月19日ロッテ・レーニャと再婚

1938年映画「真人間」映画音楽作曲。ミュージカル「ニッカボッカ・ホリディ(セプテンバー・ソングが知られている)」初演

1941年1月23日年アイラ・ガーシュインの脚本でミュージカル「レディ・イン・ザ・ダーク」初演。主演はガートルード・ローレンス、新人のダニー・ケイが初出演する。大ヒットしブロードウェイで467回上演された。のちにハリウッドで映画になる

1943年米国市民権を得て帰化。ミュージカル「ヴィーナスの接吻」は再び大ヒットしブロードウェイで567回の公演を収め、2年後にハリウッドで映画になる

1944年ミュージカル「フローレンスの熱血漢」で妻ロッテ・レーニャが出演

1946年フィラデルフィアでアメリカン・オペラ「街の風景」上演

1947年1月9日ニューヨークでアメリカン・オペラ「街の風景」上演

1948年ミュージカル「愛の生活」上演

1949年10月30日ミュージカル「星に散る」上演

1950年1月心臓発作を起こし入院。マーク・トゥエンの「ハックル・ベリー」の音楽を計画し作業に着手する。3月2日ニューヨークで50才の誕生日に心臓発作を起こしフラワー病院に入院したが2週間後、病院で死去。享年50才

4.主な作品

交響曲第一番・第二番、オペラ「三文オペラ」・「マハゴニー市の興亡」・「ロシア皇帝は写真を撮らせ給う」・「ハッピー・エンド」・「七つの大罪」、オペレッタ「裏取引」、ミュージカル「ニッカボッカ・ホリディ」・「暗闇の女」・「ヴィーナスのワンタッチ」・「ラヴ・ライフ」・「星空に消えて」、「ヴァイオリンと管弦楽のための協奏曲」ほか

5.その他

トニー賞受賞。

6.初演

7.関連動画








Kurt Weill, Je ne t’aime pas
 


Bryn Terfel; “Die Moritat von Mackie Messer”; Die Dreigroschenoper; Kurt Weill
 


die moritat von mackie messer
 

参考文献:「クラシック作曲家辞典」中河原理監修、フェニックス企画編 東京出版堂 「音楽史(音楽講座)」堀内敬三著 音楽之友社 「偉大なる作曲家のためのカルテ」五島雄一郎著 医療ジャーナル社 「wikipedia」 「glennmie.blog.s0-net.ne.jp」 「robortkelloyphd.com」 「dictionary/composer/alkan」 「maucamedus.net/solmization/gawut」 「www.tcat.ne.jp/eden/music」 「www.cadenza-od.com」 「www.coara.or.jp/-doraemon/gagaku/nenpyoz.htm」 「www.gecities.jp/gzgaku.ryuteki」 「www.univesal-music,co.jp」 「maokato.jp/bihoro/bihoro 「homepage3.nifty.com/cio/a-alta」 「www.wagnerdailas.com」 「江戸東京年表」吉原健一郎・大濱徹也編 小学館 「日本史・世界史 同時代比較年表」楠木誠一郎著 朝日新聞出 「tsuzu/asakusaopera-nenpu.html」 「tsuzu/operetta-kafu.html」