パウル・ヒンデミット

生没年・出身地・歿地・墓地
パウル・ヒンデミット生誕 Paul Hindemith

(1894年11月16日フランクフルト近郊ハ-ナウ生)
(1963年12月28日フランクフルト・アム・マインで没)

1.職業

ドイツの作曲家・指揮者・ヴァイアリニスト・ヴィオラ奏者・音楽理論家・教育者

2.称号

3.経歴

父は職人、母はメードの家庭に育つ
音楽的才能は早くから認められる
1902年一家はフランクフルト市に移る
1904年9才の時からヴァイオリンを習う
1908年フランクフルト・アム・マインのホーホ音楽院に入り奨学金を受ける、ヴァイオリンをアドルフ・レープナー、作曲法と指揮法をアーノルド・メンデルスゾーンとベルンハルト・セクレスに師事
卒業後はダンス・バンドやミュージカルコメディ等で働く
1914〔20才)~23年フランクフルト歌劇場管弦楽団副コンサートマスタ-、17年コンサートマスタ-就任
1914年レープナー弦楽四重奏団第二ヴァイオリン奏者
1915年父が第一次世界大戦で戦死
1917~18年第一次世界大戦徴兵され連隊軍楽隊員
戦後フランクフルトに戻る
1921~29年アマール=ヒンデミット弦楽四重奏団を結成しヴィオラ奏者
1922年ザルツブルク現代音楽祭で作品が演奏される
1923~29年バーデン・バーデン、ドナゥエッシンゲン音楽祭組織委員会委員
1924年結婚
1927~38年ベルリン高等音楽院作曲科教授、ベルリン、シャルロッテンブルク音楽院教授
1933年頃からナチスと複雑な関係になりナチスから退廃音楽と指摘され弾圧を受ける
1934年「ヒンデミット事件」起こる(詳細は後段に記載)
1935年カイロを訪れる。トルコ政府の招きで音楽教育の委託を受けアンカラ州立音楽院等の発展に尽力する
1938年スイスに移住
1940~53年年アメリカ合衆国に移住しイェール大学教授就任
1945~53年コレギウム・ムジクム指揮者
1946年アメリカ合衆国市民権を得て帰化
1949~50年ハーバード大学講師
1951~57年チューリッヒ音楽院教授
1953年ヨーロッパに戻りチューリッヒに移住し永住権を得る。その後は指揮者活動
1956年ウイーン・フィルと共に来日し指揮。

4.主な作品

オペラ「画家マチス」・「カルディヤック」「殺人者、女達の望み」・「ヌシュ・ヌシ」・「聖スザンナ」・「行きと帰り」・今日のニュース」・「世界の調和」・「長いクリスマスの会食」「画家マティス」、交響曲、オーケストラ協奏曲、ピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲、フルート協奏曲、チェロ協奏曲、クラリネット協奏曲、ホルン協奏曲、オルガン協奏曲、トランペットとバスーンのための協奏曲、弦楽四重奏曲第一番~第七番、ほかにバレエ曲、管弦楽曲等々、著作に(音楽科の為の初等教育)等教育的著書がある

5.その他

1962年「バルザン賞」受章
門下に下総皖一、坂本良隆

「ヒンデミット事件」ナチスはヒンデミットがユダヤ人音楽家と組んでレコーディングしたり、またヒトラーはオペラ「その日のニュース」で女性歌手のヌードシーンがあることを快く思わず厳しい処置をとることを考えていたと思われる。フルトヴェングラーはシーズンのプログラムでオペラ「画家マティス」を上演すべく進めていたが、ベルリン歌劇場長官のゲーリングからヒトラーからのヒンデミットのオペラ上演禁止の通達を受ける。フルトヴェングラーは職を辞さない構えで擁護し論評する。 「ヒンデミットを排斥しようとする動きを根拠のない言いがかり」と断じ、「ヒンデミットは現代ドイツの音楽において必要不可欠な人物であり、これを容易に切り捨てることは、いかなる理由があろうとも許されるべきではない」と論じ新聞にヒンデミット擁護の記事が報道される。ヒトラーからの最後通告が出され上演禁止となる。フルトヴェングラーは帝国枢密顧問官を免じられ、さらにベルリン・フィル及びベルリン国立歌劇場の音楽監督も辞任させられる。ヒンデミットは王立音楽院を辞任し、音楽大学を無期限休暇でトルコに去るが、1936年音楽院での仕事を続けるためヒトラーに対する「宣誓書」に署名する。ナチス政権から一部の例外を除き全作品の上演禁止命令がでる。

6.初演

7.関連動画


Paul Hindemith & Chicago Symphony Orchestra – Full Concert
 


Paul Hindemith – Ludus Tonalis
 


Paul Hindemith – String Quartet No. 1, Op. 2
 


Paul Hindemith – String Quartet No. 2, Op. 10
 


Paul Hindemith – Konzertmusik Op. 50 (1930)
 


Paul Hindemith – Symphonic Metamorphosis (1943)
 


Paul Hindemith – Mathis der Maler
 


Paul Hindemith – Symphony “Die Harmonie der Welt” (1951)
 


Leonard Bernstein: Young People’s Concerts Vol. 2 | The Genius of Paul Hindemith
 

 

   

Top image:See page for author [GFDL (http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html) or CC-BY-SA-3.0 (http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/)], via Wikimedia Commons

参考文献:「クラシック作曲家辞典」中河原理監修、フェニックス企画編 東京出版堂 「音楽史(音楽講座)」堀内敬三著 音楽之友社 「偉大なる作曲家のためのカルテ」五島雄一郎著 医療ジャーナル社 「wikipedia」 「glennmie.blog.s0-net.ne.jp」 「robortkelloyphd.com」 「dictionary/composer/alkan」 「maucamedus.net/solmization/gawut」 「www.tcat.ne.jp/eden/music」 「www.cadenza-od.com」 「www.coara.or.jp/-doraemon/gagaku/nenpyoz.htm」 「www.gecities.jp/gzgaku.ryuteki」 「www.univesal-music,co.jp」 「maokato.jp/bihoro/bihoro 「homepage3.nifty.com/cio/a-alta」 「www.wagnerdailas.com」 「江戸東京年表」吉原健一郎・大濱徹也編 小学館 「日本史・世界史 同時代比較年表」楠木誠一郎著 朝日新聞出 「音楽文庫・日本音楽史」伊庭孝著 講談社 「tsuzu/asakusaopera-nenpu.html」 「tsuzu/operetta-kafu.html」 http://holocaustmusic.ort.org/politics-and-propaganda/third-reich/hindemith-paul/ http://www.bach-cantatas.com/Lib/Hindemith-Paul.htm http://www7.plala.or.jp/hiro-kit/KSB/oomagari/Mathis/Hindemith.html