ギョーム・デ・ベイチュ

生没年・出身地・歿地・墓地
ギョーム・デ・ベイチュ 生誕 Guilhen de Peitieus、又はギョウム・デ・ポワティエ Guilhen de Peitou
(1071年10月22日生)
(1127年2月11日歿)

1.職業

中世フランスの貴族・最古のトロバドゥール

2.称号

アキテーヌ公国ポワティエ伯爵・領主

3.経歴

吟遊詩人として最古のオック語の歌詞詩人として知られているアキテーヌ公ギョーム9世は、中世フランス王国の裕福なアキテーヌ宮廷で生まれ育つ。粗野で快楽にふける生活をしていたといわれる。父はアキテー ヌ公国ギョーム8世、母は3番目の妻でブルゴーニュ公国ロベール1世の娘。ギョウム9世の生まれた時は、先妻との離婚が成立せず教会は非嫡出子と判断していた。父はローマ教皇の承認を得るためローマへの旅に出る

1086年父の死により15才でアキテーヌ公国のポワティエ伯爵領主となる

1087年行政組織に裁判官、森林官を加える

1088年アンジュー公国フルク4世の娘、エルマンガードと結婚のちに離婚(エルマンガアードは1093年ブルターニュ公国アラン4世と結婚)

1094年トゥールーズ公国ギョーム4世の相続人、フィリッパと再婚しトゥールーズ公国領主を兼ねる。2人の息子と5人の娘をなす

1095年クリスマスにローマ教皇ウルバヌス2世を招待

1096~99年第一回十字軍に参加

1101~02年十字軍に軍事指導者として参加しアナトリアでは無謀な戦いで敗れ、9月のヘラクレアでセルジュークにより完敗しアンティオキアに脱出

1114年シャテルロー伯夫人と不倫など身持ちの悪さを理由にポワティエ司教から2度の破門を言い渡される。妻のフィリッパは、1116年フォンドヴローの修道院に入り1118年修道院で没する

1120年スペインへの十字軍に参加

1123年トゥルーズ領の統治権を失う。 晩年は行状を悔い改め修道院で余生をおくる。

4.主な作品

「新しい歌を私は作ろう」

5.その他

6.初演

7.関連動画

生年代:1071 年頃

没年代:1127年頃

日本の元号:延久3年頃~

時代:平安時代 

日本の出来事:1056年天喜4年 ◎奥州藤原氏初代藤原清衡誕生
1062年康平5年 ◎源頼義、安倍貞任を討ち前9年の役終る
1063年康平6年 ◎源頼義、鎌倉に八幡宮(後の鶴岡八幡宮)を勧請
1087年寛治元年 ◎源義家、後3年の役を平定(1106年歿)
1100年康和2年 ◎宮中における大臣、貴族の饗宴に雅楽の演奏活動が盛んになる
1105年長治2年 ◎藤原清衡、平泉に中尊寺建立
1118年元永元年 ◎平清盛誕生 平安期の武将(1181年歿)
1123年保安4年 ◎この頃宮中での雅楽の演奏制度完成
1124年天治元年 ◎藤原清衡、中尊寺金色堂上棟

世界の出来事:1071年10月22日頃ギョーム・デ・ベイチュ生誕
1094年 ※ヴェネツィアにサン・マルコ大聖堂完成
1096年 ※第1回十字軍遠征
 ※この頃イギリス、オックスフォード大で講義が行われていた記録が残っている
1113年 ※アンコール・ワット造営開始