グイード・ダレッツォ

生没年・出身地・歿地・墓地
グイード・ダレッツォ生誕
   Guido d’Arezzo

生没年・出身地・歿地・墓地不詳 
以下は憶測
(おそらく990~999年頃月日不詳。彼の出生地は不明、フェラーラ、ポンポサ、タラ、アレッツォ近郊が出生地という説、又はフランス、パリ生まれ説もある)。彼自身がポンポーザで生まれたと言ったという説もある
(おそらく1050~80年頃歿。イタリア、アレッツオ近くのアヴェラーナ(Avellano)又はラヴェンナとも言われている)
一説には
(991~992年頃アレッツオ生)
(1033年以降にアレッツォで没)

1.職業


イタリアの伝説的音楽教育家・音楽理論家、修道士

2.記譜法


グイード・ダレッツォはイタリアのベネディクト会修道士であり、記譜法の最も重要な創設者の1人と見なされている。歌手がグレゴリオ聖歌のピッチを覚えるのが難しいことを知り、彼はグレゴリオ聖歌をはるかに速く学ぶことを可能にする方法を考えた。。
現在の楽譜表記法のドレミの原案を考案。四本の線の上に四角い音符を書くという当時、聖歌を正確に記録し後世に伝えることが可能となった。現在のソルフェージュの基となる歌唱法を、グイドは同僚のミカエル修道士に宛てた「知らない歌についての書簡」で視唱方法を書いた。グイドはヨハネ賛歌を完全に憶え、特にフレーズの最初の音符・音節を示しただけで、そのフレーズをすぐに歌いだせるようになっておくこと。新しい曲の楽譜を読む際に、ある音符をどの高さで歌えばよいのかを知るには、対応するヨハネ賛歌のフレーズの開始音を思い出せばよい。そして、そうすると曲の各音符に対してこれを繰り返せばその曲が歌えるようになると説く。これらができると聴音もでき楽譜に書きとめられてない賛歌の各音節が賛歌の、どのフレーズの開始音に当たるのかを聴き分けると、楽譜に正しく書き取ることができると書簡に書いている。聖歌の歌い方等の音楽の指導書「ミクロログス」を著わした。
《Antiphonale Monasticumの現代的なコピーからの「Utqueantlaxis」〜伝統的なグレゴリオ聖歌の記譜法は、四行譜表の「ネウマ」と呼ばれる単一の音節で歌われる音符に書かれている》

3.歴史年譜


ポンポーザ(フェラーラ近郊)のベネディクト会修道院で教育を受けたと言われている。一説によると、パリ近郊のベネディクト派のサン・モール・デ・フォッセの修道院でグランフェイユのオド(Saint-Maur-sur-Loire)が、著した「サン・モール・デ・フォッセの音楽論」で教育を受けたという説があるが、定かではない

1013年頃
おそらく22~23才、ラヴェンナの修道院長の指示を受けフェラーラ近くのポンポーザの修道院に移ったようだ。ここにいる間に聖歌隊の歌手たちがグレゴリオ聖歌を憶えることの難しさに苦労しているのを知り、聖歌を憶え、そして教えるための方法を考案し、指導を始めた。旧来の指導と違うやり方に仲間の修道士が彼の新しい歌唱法に抵抗した。また従来の歌唱法にこだわるグイド修道院長との間にも指導方法の違いが表面化し始めた。
「ポンポーザ修道院」

1020年頃
グイドはポンポーザ修道院で補助祭、カントールになったといわれている

1022年
ベネディクト八世に呼び出され新しい歌唱法の説明の為ローマへ行った

1023~1025年頃
トスカーナ教区のテオダルドゥスTheodaldus司教に命じられ首都アレッツォに移り、大聖堂聖歌隊少年合唱団のカントールに任命された。
グイドは市壁の外のコッレデルピオンタにあるアレッツォ大聖堂で少年合唱団の音楽と歌の教師をはじめた。
テオダルドゥス司教から聖歌の歌い方等の音楽の技芸と訓練の指導書を公にするよう命じられた。数年後にグイドは音楽という技芸の諸規則を「ミクロログス」に著わし司教に提出する。
「アレッツォ大聖堂」

「コッレデルピオンタ旧大聖堂」

1028年
ヨハネス十九世の招きでローマに行き、「ミクロログス」の説明をして指導内容を示した。グイドの考案は音楽を見たり、読んだり、メロディーを学んだりするには実用的な価値があった
「ヨハネス十九世」

1029年
ポッピPoppiのカマルドーレComaldolesi修道院に行き歌唱法の指導を行った。その後グイドの名声は広がるようになった。十一世紀の新しい歌唱法の写本の多くはこのカマルドーレ修道院から出たも言われている
「カマルドーレ修道院」

1030~32年
ヨハネス教皇は三人の使者を派遣し、グイドをローマに招いた。グリマルドゥスGrimaldus修道院長とアレッツオの大聖堂参事会長ペトルス師Petrusに同行して三回目のローマを訪問した。教皇はグイドを歓迎し、「アンティフォナリウム」の書を説明するグイドの話を熱心に聞き理解を示したという。それは、少年たちが未知の聖歌を学ぶことに成果を上げた「アンティフォナリウム」の作品を教皇や聖職者に説明する必要があったからだ。グイドはマラリアの病気に苦しみ、滞在できず冬に再訪する約束をして、結局アレッツォに戻ることになった。この時は400キロ離れたポンポーザのグイド修道院長に招かれていたため、会う機会がありポンポーザを訪れた、ポンポーザ修道院時代の敵対関係も、教皇が理解を示したことを伝え、誤解の謝罪を受けたグイドはポンポーザに戻った。その後アレッツォのポッピにあるカルマドーレ修道院に行く。晩年はアレッツォ近郊アベラーノの修道院へ行ったのではないかと言われているが、定かではない

4.主な作品


「ミカエルへの未知の聖歌に関する書簡Epistola de ignoto cantu directa ad Michaelem」

「ミクロログスMicrologus」著作

「アンテフィフォナ入門Proglogus in antiphonarium」著作

「リズミカルの規則Regulae rhythmicae」著作

5.その他


ヨハネ賛歌
Ut queant laxis
Resonare fibris
Mira gestorum
Famuli tuorum
Solve Polluti
Labii reatum
Sancte Iohannes
Ut queant laxis ‖Resonare fibris Mira gestorum ‖Famuli tuorum、Solve polluti‖Labii reatum、Sancte Iohannes
それから、音符Ut-Re-Mi-Fa-Sol-La-の名前が出てくる
「ヨハネ賛歌の楽譜」

「グイドの手」

グイドの理論
<未知の歌の書簡Epistola de ignoto cantu>
グイドは、良く知られていた聖ヨハネの イムヌス(賛歌)、の最初の六章節の冒頭の歌詞を用いた以下の階名読みを考案した
ut  re  mi  fa  sol  la
全音 全音 半音 全音 全音
その最初の六行は、2つの全音、半音、2つの全音の音階を形成している。 ヘキサコードと呼ばれ、六行で始まるラテン語の音節に歌われるこの対称的な一連の六つの音符、ut-re-mi-fa-sol-laは、耳の聴力と視唱のための彼の中心的なツールになった。 このヘキサコードをさまざまなピッチレベルにシフトすることで、歌い手は重要なハーフトーン間隔をどこで歌わなければならないかを常に判断できるようになった。

<ミクロログス>
グイドによって書かれた中世音楽に関する論文で、トスカーナ教区のテオダルドゥスTheodaldus司教に捧げられた。この論文は、グレゴリオ聖歌の歌と指導の実践を概説し、ポリフォニック音楽の作曲について記している
この書は中世を通じて修道院で使われた。それ以降も大学でも使われた。中世において最も実用的な功績を残した理論家であった

6.関連動画


Himno a San Juan Bautista (Guido d’Arezzo)

Guido d’Arezzo – Ut queant laxis (2013)

グイドの手を使ったソルフェージュ歌唱法
William Mahrtミラー・マルハート教授による、バブテストのヨハネを賛歌した8世紀ラテン語の賛美歌
Guidonian Hand

Guido – Ut Queant_0001.wmv

The Guidonian hand medieval notation printed on palms, for people to sing

Guido of Arezzo

Guido D’Arezzo

Coro Iride – Concorso Nazionale Guido D’Arezzo 2009

Ut queant laxis resonare fibris – Guido d’Arezzo

《The Tale of Guido d’Arezzo: An Interactive Storybook about the Inventor of Music Notation》

Top image:(Public Domain, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=594709)

参考文献: 中河原理監修・フェニックス企画編 『クラシック作曲家辞典』 東京出版堂、平成4年  堀内敬三『音楽史(音楽講座)』 音楽之友社、昭和31年  グイド・ダレッツオ『ミクロログス(音楽小論)』中世ルンrサンス音楽史研究会、春秋社、2018年  https://ja.wikipedia.org/wiki/グイード・ダレッツォ、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ジェイミー・ジェイムス『天球の音楽:歴史の中の科学・音楽・神秘思想』黒川孝文訳、白揚社、アクセス1998年、2019年5月4日 「glennmie.blog.s0-net.ne.jp」 / http://www.mab.jpn.org/lib/exp/solmi/basis.html#hex_table「ヘキサコード表」 / https://www.britannica.com/art/hexachord /  「dictionary/composer/alkan」 「maucamedus.net/solmization/gawut」 「www.tcat.ne.jp/eden/music」 「www.cadenza-od.com」 「www.coara.or.jp/-doraemon/gagaku/nenpyoz.htm」 「www.gecities.jp/gzgaku.ryuteki」 「www.univesal-music,co.jp」 「maokato.jp/bihoro/bihoro 「homepage3.nifty.com/cio/a-alta」 https://en.wikipedia.org/wiki/Odo_of_Glanfeuil http://renefiles.com/credits/star-trek/odo-in-history/ 「江戸東京年表」吉原健一郎・大濱徹也編 小学館 「日本史・世界史 同時代比較年表」楠木誠一郎著 朝日新聞出 「音楽文庫・日本音楽史」伊庭孝著 講談社

生年代:990年頃 正暦元年

没年代:1050年頃

日本の元号:正暦~長徳~長保~寛弘~長和~寛仁~治安~万寿~長元~長暦~長久~寛徳~永承

時代:平安時代 一条天皇~三条天皇~後一条天皇~後朱雀天皇~後冷泉天皇

日本の出来事:平安時代

990年頃 グイード・ダレッツオ 生まれる

990 永祚2年 ◎楽制改革が完成し、雅楽の楽器編成が現在の形に統一された

1016 長和5年  ◎藤原道長摂政に就任

1025 万寿2年 ◎この頃、清少納言歿(966年生)

1028 長元元年 ◎藤原道長没 (平安時代の摂政・関白)祚

1039 長歴3年 ◎源義家(八幡太郎)誕生、平安時代武将

1050年頃 グイード・ダレッツオ 没

世界の出来事:990年頃 グイード・ダレッツオ 生まれる

992    ※ボレスワフ一世、ピャスト朝のポーランド国王に即位。ベーメンやマイセンに領土拡大

994     ※ウインチェスターのオールド・ミンスターにパイプオルガンが設置される

997    ※イシュトヴァーン一世、ハンガリー王国の初代国王に即位。ハンガリーの建国者。ハンガリーのキリスト教化を進めた

1000 ※この頃、ミサの形式がほぼ定まった ※11世紀は東ローマ帝国の全盛期、西ヨーロッパでは東西教会分裂、十字軍の遠征はじまる

1005 ※ファーティマ朝カリフのハーキムがカイロに「知恵の家(ダール・アル・イルム)」設置

1007 ※神聖ローマ皇帝ハインリヒ二世がバンベルク司教座を設置し大聖堂を建設

1008 ※バグラト三世がグルジア王国を統一する

1009 ※ファーティマ朝カリフのハーキムがの命でエルサレムの聖墳墓教会が破壊される

1010 ※この頃、イランでフィルドゥーシーが民族叙事詩「シャー・ナーメ(王書)=イランの神話・伝説・伝承・歴史(建国から4王朝迄)」完成

1013 ※デンマーク王スヴェン一世、エゼルレッド二世に勝利しイングランド王になる

1013 ※ヘルマヌス・コントラクトゥス生誕。7月18日ドイツ、アルツハウゼン侯爵家に生まれる。作曲家・音楽理論の研究者・数学天文学者。病気で不具になり一生をコンスタン湖に浮かぶライヒェナウ島の修道院で過ごす。著書「音楽論De Musica」では当時は旋法が何らかの気分と結びつけることが普通とされていたが、旋法とエートス(ギリシャ語では性格と訳すが、アリストテレス倫理学ではある場合は一時的な感情。ある場合には知性と対比される。その意味では習慣づけによって確立された持続性、恒常性を持つ更に多様化せれた意味を持つといわれている)とのかんけいは全くないとしている。そして、モノコードから音楽の定義を行い、当時の聖歌は1オウクターブの範囲に収まるよう作曲されたのに対し、2オウクターブを基準としている。宗教歌が現存する。1054年9月24日同地で没

1016 ※ノヴゴロド公ヤロスラフ一世が兄弟のスヴャトポルクを倒しキエフ大公となる ※この頃スラブ民族最古の「ルースカヤ・プラウダ」の「ヤロスラフ法典」が編纂される

1018 ※ダンカン一世がストラスクライド王国の王位を継承し、スコットランドのほぼ全域を治める

1022 ※フランス王ロベール二世の命によりオレルアンで異端者に対する最初の火刑が行われる

1025 ※ピャスト家のボレスワフ一世が初代のポーランド王に選ばれる

1028 ※イングランド王でデンマーク王のクヌートがノルウの王位も兼任し北海帝国成立

1030 ※この頃オルガンが教会音楽の楽器としてヨーロッパ中に普及。 ※神聖ローマ皇帝コンラート二世がシュパイアー大聖堂建設を命じる

1032 ※神聖ローマ皇帝は中世ドイツの王・イタリアの王・ブルグンド王(ドイツ西部ライン川右岸遅滞)を兼任することになる

1035 ※北海帝国クヌート大王死去に伴い追放されていたマグヌス一世がノルウェー王として独立し北海帝国は崩壊

1037 ※ジュミエージュのノートルダム聖堂建築

1045 ※エドワード懺悔王がテムズ川上流にウェストミンスター寺院を建設。ロンドン・ウェストミンスターにある、イングランド国教会の教会。聖ペテロ修道教会。戴冠式などの王室行事が執り行われ、内部の壁と床には歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されている。墓地としては既に満杯状態で、新たに埋葬するスペースはもはやなくなっている。国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)が隣接している。

1045 ※東ローマ皇帝コンスタティノス九世がコンスタンティノポリス大学が再編

1047 ※遼の章聖皇太后が内モンゴル自治区慶州の白塔(遼釈迦仏舎利塔)建立

1050年頃 にグイード・ダレッツオ 没