カ-ル・オルフ

生没年・出身地・歿地・墓地
カ-ル・オルフ生誕 Carl Orff

(1894年7月10日ドイツ帝国、バイエルン王国ミュンヘン生)
(1982年3月29日ミュンヘンで歿)

1.職業

ドイツの作曲家・音楽教育家

2.称号

3.経歴

バイエルンの旧家の出、父、祖父ともドイツ帝国で活躍した軍人。祖父がユダヤ人でのちにカトリックに改宗。母はピアニスト
幼少から楽才を認められる
5才からピアノ、チェロ、オルガンを習い始める
地元のヴィッテルスバッハ中高等学校に入り学校のオーケストラや合唱団で最初の音楽演奏を経験する
1911年「5つの歌曲」を出版
1912年学校を中退しミュンヘン音楽院に入りアントン・ベ-ア‐ヴァ-ルブルンに作曲法を学ぶ
1913年日本の歌舞伎「寺子屋」を題材にしたオペラ「犠牲」を作曲
1914年卒業
1915~17年ミュンヘン・カンマースピエール劇場指揮者助手
1917~18年第一次世界大戦に徴兵され東部戦線のトレンチの戦闘で重傷を負い除隊しミュンヘンに戻る
1918~19年マンハイム国立歌劇場とダルムシュタット州立歌劇場指揮者
1920年アリス・ソルヒャーと結婚。ミュンヘンで1921年迄ハインリッヒ・カミンスキーに作曲法を師事
1924年舞踊家ドロテ-・ギュンターと「ギュンタ-・シェ-レ学校」を設立し1936年迄音楽部門の指導責任者。この間「音楽教育論」を出版
1930年ミュンヘン・バッハ協会指揮者(戦後・1950~60年ミュンヘン・バッハ会長就任)
1934年ナチ化により辞任
1936年カンタ-タ「カルミナ・ブラ-ナ」作曲、翌年フランクフルトで初演され大成功を収める。
1939年ゲルトルート・ウィートと再婚
1949~82年ザルツブルク、モ-ツァルテウム音楽大学オルフ音楽研究所指導者
1950~ミュンヘン音楽院作曲科教授・1960年から学部長
1954年門下のグニルト・ケ-トマンの協力により「ムジカ・ポエティカ(音楽教育論)」改定出版。同年ルイ-ゼ・リンザ-と再婚
1955年チュービング大学名誉博士号授与
1956年ミュンヘン大学名誉博士号授与
1960年リサロッテ・シュミットと再婚
1972年ミュンヘン大学から名誉博士号授与

4.主な作品

オペラ「犠牲」・「月」・「賢い女」・「時の終わりの劇」、劇音楽「アンティゴ-ネ」・「エディプス王」・「プロメテウス」」、カンタ-タ「カルミナ・ブラーナ」・「アフロディテの勝利」他

5.その他

6.初演

7.関連動画


Carmina Burana /Koninklijke Chorale Cæcilia


Catulli Carmina
 


Trionfo di Afrodite
 


DER MOND
 


Die Kluge
 


Antigonae
 


Oedipus der Tyrann
 


Litanei
 


Ave Maria
 

 
 
 


Four Short Pieces (Schulwerk)
 


Carl Orff – Gassenhauer
 

参考文献:「クラシック作曲家辞典」中河原理監修、フェニックス企画編 東京出版堂 「音楽史(音楽講座)」堀内敬三著 音楽之友社 「偉大なる作曲家のためのカルテ」五島雄一郎著 医療ジャーナル社 「wikipedia」 「glennmie.blog.s0-net.ne.jp」 「robortkelloyphd.com」 「dictionary/composer/alkan」 「maucamedus.net/solmization/gawut」 「www.tcat.ne.jp/eden/music」 「www.cadenza-od.com」 「www.coara.or.jp/-doraemon/gagaku/nenpyoz.htm」 「www.gecities.jp/gzgaku.ryuteki」 「www.univesal-music,co.jp」 「maokato.jp/bihoro/bihoro 「homepage3.nifty.com/cio/a-alta」 「www.wagnerdailas.com」 「江戸東京年表」吉原健一郎・大濱徹也編 小学館 「日本史・世界史 同時代比較年表」楠木誠一郎著 朝日新聞出 「音楽文庫・日本音楽史」伊庭孝著 講談社 「tsuzu/asakusaopera-nenpu.html」 「tsuzu/operetta-kafu.html」