ベルナルト・ヴェンタドルン

生没年・出身地・歿地・墓地

ベルナルト・デ・ヴェンタドルン(ベルナール・ド・ヴァンタドゥール)
Bernart de Ventandorn

(1125年頃フランス、プロヴァンス、リムーザン地域コレーズ生)
(1190~1200年頃アキテーヌ 地域ドルドーニュで歿)

1.職業


中世プロヴァンス(フランス)のトロバドゥール
中世の有名なトロバドゥールのひとり

2.称号

3.トロバドゥール



最初の「トルバドゥール」とも呼ばれるアキテーヌ公ギヨーム九世(ウィリアム九世)は最初のトルバドゥールだった。十二世紀の前半、ガスコンのセルカモンは牧歌を作曲し、彼の弟子マルカブリュは約40点を書き、そのうちのいくつかは現代史に関係していた。アモール・デ・ロン(「遥かなる愛」)のノスタルジックな歌手であるブライ王子ジャウフレ・リュデルは、それほど有名ではなかった。同じ世紀の少し後ベルナルト・デ・ヴェンタドルンは、エレガントでシンプルな曲を作曲した。そのうちの幾つかは、プロヴァンスの詩の完璧な見本と見なされる可能性がある。

4.ヴェンタドルン幾つかの説


1. ベルナルト・デ・ヴェンタドルンの生涯を語るVidaの伝は次のとおり
「ベルナルト・デ・ベンタドンはリムーザン出身で、ヴァンタドゥール城の出身であった。彼は謙虚な男で、パン屋であった使用人の息子であり、オーブンを加熱して城のパンを焼いていた。そして彼は好青年になり、有能な男であり、彼は歌う方法と詩を上手に作る方法を知っていた、そして彼は礼儀正しく学んだ。
彼の領主であるヴァンタドゥール子爵は、彼と彼の作品と歌を非常に好きになり、彼を大いに称えた。ヴァンタドゥール子爵には、若くて高貴で活気のある夫人がいた。子爵夫人マルグリート・ド・テュレンヌはまた、ベルナルトと彼の歌が好きになり、彼に恋をした。彼はマルグリート子爵夫人に恋をし、彼女について、彼が彼女に対して持っていた愛について、そしてマルグリート夫人の長所について彼の歌と詩を作曲した。彼らの愛は、子爵や他の人々がそれに気付く前に長い間続いたが、やがてヴァンタドゥール子爵は気付く時がきた。子爵はベルナルトを追放し、マルグリートを閉じ込めて警備させた。マルグリート夫人はベルナルトに許しを与え、彼がその地域を去ることを許した。
そして彼は去り、ノルマンディー公爵夫人のところへ行った。ノルマンディー公は若くて若くて高貴で、価値と名誉と美しい賛美の言葉を理解していた。そして、ベルナルト卿の歌と詩は侯爵夫人をとても喜ばせ、彼女は彼を迎え、彼をとても歓迎した。彼は長い間彼女の宮廷にいた、そして彼は侯爵夫人と恋に落ちた、彼女は彼と一緒にいた。そして彼は彼女について多くの良い曲を作曲しました。彼が彼女と一緒にいる間、イギリスのヘンリー王(ノルマンディー公ギヨーム二世)は自分の妻である彼女を、ノルマンディーからイギリスに連れて行った。
ベルナルト卿はここにとどまり、悲しく悲しみ、トゥールーズの良いライモン伯爵のところに来て、伯爵が死ぬまで彼と一緒にいた。ベルナルト卿は、彼が感じた悲しみのために、ダロンの命令に加わり、そこで彼は亡くなった。
そして、私、Lord Uc de Saint Circが彼について書いたことは、ベルナルト卿が愛した子爵夫人の息子である子爵Ebles deVentadornによって私に言われました。そして、ベルナルトはあなたが聞くであろう歌を作曲した。」

2. ベルナルト・デ・ヴェンタドルン(1152年以前に生まれ、リムーザン州、アキテーヌ(現在はフランス)-1195年に亡くなった?、ダロン)、プロヴァンスその詩がプロヴァンス語で最高と見なされているトロバドゥール。
ベルナルトは1152年から55年にイギリスを旅行したことが知られている。彼はアキテーヌのエレノアの宮廷に住み、その後トゥールーズに住み、その後、ダロンの修道院に引退した。彼の短い愛の歌詞は、45が残っており、歌詞の繊細さとシンプルさを組み合わせた感情的な力を表現している。彼はまた彼自身の音楽を作曲した。彼の19曲残った。

3. トロバドゥールのユク・デ・サンシルク Uc de Saint Circ(1217年? – 1253年?)によると、ヴェンタドルンはヴァンタドゥール城(現在のコレーズ県ムスティエ=ヴァンタドゥール)のパン職人の息子だったというが、年少のピエレ・ダルヴェルニェ Peire d’Alvernhaによる諷刺詩によると、父親は従者か兵士またはパン職人のいずれかで、母親も腰元かパン職人のいずれかだったという。ヴェンタドルン本人の初期の詩『 Lo temps vai e ven e vire』によると、保護者のヴェンタドルン子爵エブル三世から歌唱法と読み書きを学んだらしい。最初のいくつかの詩歌は、庇護者の子爵夫人マルグリート・ド・テュレンヌのために創られた。

4. ベルナルト・デ・ヴェンタドルンは、12世紀のカタロニア語の詩人でありトロバドゥールであった。懐かしさ、喜び、優しさに満ちたこれらの41の詩は、1150年から1180年の間に書かれた。

5.歴史年譜


10??年
ヴェンタドルン本人の初期の詩『 Lo temps vai e ven e vire』によると、庇護者のヴァンタドゥール子爵エブル三世から歌唱法と読み書きを学んだという。
写真は「ヴァンタドゥール城の遺跡」

10??年
ベルナルト卿は、マルグリート夫人と恋に落ちた後、二人の関係に子爵が気付き、子爵はベルナルトを追放した。彼はヴァンタドゥール城を去り、若くて高貴で、価値と名誉と称賛に精通したノルマンディー公爵夫人アリエノール・ダキテーヌ/アキテーヌ女公の居城ノルマンディーへ向かった。
公爵夫人はベルナルト卿の詩と歌に最も理解を示していた。彼を受け入れ、尊敬し、そして庇護し、彼に多くの大きな恩恵を与えた。ベルナルト卿は長い間公爵夫人の宮廷に仕えた。そして彼女を慕う多くの良い歌を作った。
やがて、イングランド王ヘンリー二世(ノルマンディー公ギヨーム2世)は、妻アリエノール・ダキテーヌをノルマンディーからイギリスに連れて行くことになった。
註:アリエノール・ダキテーヌ(Aliénor d’Aquitaine,1122-1204)は、中世フランス王国の女性貴族でアキテーヌ女公(在位:1137-1204)。フランス王妃(はじめフランス王ルイ七世)、イングランド王妃(後にイングランド王ヘンリー二世の王妃となった)であった。アキテーヌ公ギヨーム10世とアエノール・ド・シャテルローの娘でギヨーム九世の孫。
註:ノルマンディー公は、フランス王に臣従する一方で、イングランドでは王として君臨した。
写真は「ノルマンディー公居城シャトー・ド・ファレーズ」

10??年
悲嘆に暮れたベルナルト卿はノルマンディーを去り、モンリュソンやトゥールーズに旅行した。

1152年頃
ベルナルト卿は、アリエノール・ダキテーヌ王妃(Aliénor d’Aquitaine,)を追ってイングランドへ渡り、プランタジネット朝(中世イングランド王国の王朝)の宮廷に仕えた。以上はヴェンタドルン自身の詩によって明らかにされている。
写真は「イングランド王ヘンリー二世(ノルマンディー公、アンジュー伯、メーヌ伯)」

1156年頃
トゥールーズに戻り、その地でトゥールーズ伯レーモン五世に仕えた。

10??年
その後ドルドーニュへ行き、ダロンのシトー会修道院に入った。おそらく彼はそこで亡くなった。 彼の作品の約45が残っている。
写真は「フランスのドルドーニュ県のサントトリにあるシトー会ダロン修道院の遺跡」

10??年
しばしばヴェンタドルンは、トロバドゥ-ルの伝統が北仏において発展する上で最も重要な影響力をもっていたと見做されている。ヴェンタドルンは北フランスでも有名であり、その旋律は広く流布し、初期のトゥルヴェールの作曲家によって模倣されたからである。
ベルナルト・ヴェンタドルンは、12世紀の世俗歌曲の作曲家の中でも、現存する作品数において特異である。45点の詩のうち18点が、無傷のまま旋律が伝えられている。これはトルバドゥールの歌曲としては珍しいことである。アルビ十字軍が南仏の地を蹂躙してトルバドゥールを追い散らし、多くの資料を破壊したからである。これに比べると北フランスのトルヴェール歌曲は、伝承率がぐんと上がる。

6.主な作品


Can vei la lauzeta mover
Quant l’herba fresq
Be m’au perdut lai enves Ventadorn
Ben m’an perdut
あふれるばかりの春の喜びの中で、恋の悲しみに浸る宮廷詩人たちCan vei la lauzeta – En mai quant li Rossignolet
Can vei la lauzeta mover
Non es meravilla s’eu chan
Pos mi pregatz seignor
Quan l’erba fresc el foilla par
Quan par la flors jostal vert foill
雲雀の渡りを見た時 Quan vei la lauzeta mover
l’entrada del tens clar – Can l’erba fresch
tantas bonas chansos
joi et ab joven m’apais
joi moi lo vers e.l comens
joi mon lo vers e.l comens
Amors, e que·us es vejaire
Ara no vei luzir solelh
Ara·m conseillatz siegnor
Be’m degra de chantar tener
Can vei la lauzeta mover
Cornatz, ara sai eu be
En consirier et en esmai
Estat a com hom esperdutz
Jag horde fagel naktergal
Je ne puis pas – Quan vei L’acloete – Je ne puis pas
La doussa votz ai auzida
Lancan vei la folha
Lanquan folhon bosc e jarric
Lanquan vei la folha
Quan l’erba fresc
Quan vei la flor
Quand nait l’herbe
Tant ai mo cor ple de joya
The Ballad of Marie Farrar
Totz altres joys

7.その他


1. フランスには昔から、地域に結びついた少数言語・少数文化が数多く存在していた。カタルーニャ語など8言語があったという。
要訳:(https://www.waseda.jp/inst/cro/assets/uploads/2010/03/b85db14613fbec321910ced448fe48a0.pdf/フランスの言語政策と地域語教育運動-ブレイス語を事例として-国際言語文化研究所 客員准教授 大場静枝)より

2. Bernartによる最も広く開催されている作品
(1). ベルナルトによる「ベルナルト・デ・ベンタドルンの歌。 完全なテキスト、翻訳、メモ、および用語集」
1962年 から1965年の間に3つの言語で発行され、世界中の942のWorldCatメンバーライブラリによって保持されている15のエディション
ベルナルト・デ・ベンタドンは、12世紀のカタロニアの詩人でありトルバドールでした。 懐かしさ、喜び、優しさに満ちたこれらの41の詩は、1150年から1180年の間に書かれました。この版には、メモと完全な用語集があり、出版時に入手可能な唯一の英訳を伴う原文が含まれています。
The songs of Bernart de Ventadorn. Complete texts, translations, notes, and glossary
(2). ハロルド・グリーソンによる「1400年以前の音楽の例」
1942年 から1945年の間に ラテン語で言語的内容なしで出版さ れ、世界中の331のWorldCatメンバーライブラリによって保持された3つのエディション
Examples of music before 1400
(3). アンサンブル・ユニコーンによる「トルバドゥールの音楽」
1999年に3つの言語で発行され、世界中の308のWorldCatメンバーライブラリによって保持されている3つのエディション
Music of the troubadours
(4). コンソート・フォンテガラによる「愛の庭:コンソート・フォンテガラによる中世とルネッサンスの間のヨーロッパの器楽」
1994年に言語的内容なしとイタリア語で発行され、世界中の281のWorldCatメンバーライブラリによって保持されている4つのエディション
Il Giardino dell’amore : musiche strumentali nell’Europa tra Medioevo e Rinascimento
(5). マネッセ写本:チャルラターニによる「大規模なハイデルベルクの歌の原稿」(音楽グループ)
1996年にドイツ語、中高ドイツ語で発行され、世界中の276のWorldCatメンバーライブラリによって保持されている3つのエディション
Codex Manesse : Grosse Heidelberger Liederhandschrift
(6). ベルナルト・デ・ヴェンタドルンによる「愛の歌」(Chansons d’amourフランス語カタルーニャ語)
1966年 から2001年の間に4つの言語で出版され、世界中の258のWorldCatメンバーライブラリによって保持されている23のエディション
Chansons d’amour
(7). ベルナルトによる「木曜日の歌手が大好き: 六つの歌」(Chantador de joi d’amourカタルーニャ語)
2020年 に フランス語、古フランス語で出版され、 世界中の256のWorldCatメンバーライブラリによって保持され1版
Chantador de joi d’amour : six songs
(8). ベルナルト・デ・ヴェンタドルンによる「彼の歌、紹介と用語集付き」
1915年から2017年の間に3つの言語で発行され、世界中の163のWorldCatメンバーライブラリによって保持されている18のエディション
Bernart von Ventadorn: seine Lieder, mit Einleitung und Glossar
(9). ベルナルトによる「曲。 完全なテキスト、翻訳、メモ、および用語集」
1962年から1965年の間に英語で発行され、世界中の159のWorldCatメンバーライブラリによって保持された11のエディション
Songs. Complete texts, translations, notes, and glossary
(10). ベルナルトによる「トルバドゥールの音楽:プロヴァンス語の6曲」
1947年に4つの言語で発行され、世界中の126のWorldCatメンバーライブラリによって保持されている12のエディション
Music of the troubadours : six songs in Provençal
要訳:(ernart de Ventadorn active 12th century/http://worldcat.org/identities/lccn-n84149890/)より

8.関連動画

《Classical Music History (2) – Medieval Period》

《Can l’erba fresca》
Brigitte Lesne, Pierre Hamon

《Can vei la lauzeta》
par Zosso-Osnowycz

《Lanquan vei la fuelha》

《Can Vei La Lauzeta Mover》

《Can Vei la Lauzeta Mover》

《Can vei la lauzeta》

《Quan Vei L’Alauzeta》

《Can vei la lauzeta mover》

《Quan vei la lauzeta》

《Can vei la lauzeta》

《Quan l’erba fresca e’l folha par》
Gérard Zuchetto, Troubadours Art Ensemble

《Quand l’herba fresca》

《Ben m’an perdut》

《Can l’erba fresch》
Ensemble Céladon : chant, luth, vièle, flûte, perc

参考文献:https://www.britannica.com/biography/Bernard-de-Ventadour / https://www.britannica.com/biography/Bernard-de-Ventadour / https://www.geni.com/people/Bernart de Ventandorn / https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%B3 / https://www.weblio.jp/content/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%87%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%B3 / https://www.britannica.com/biography/Bernard-de-Ventadour / https://ja.isecosmetic.com/wiki/Bernart_de_Ventadorn / https://mypoeticside.com/poets/bernard-de-ventadorn-poems / https://it.wikiquote.org/wiki/Bernart_de_Ventadorn / https://www.cpdl.org/wiki/index.php/Bernart_de_Ventadorn / http://ezrapoundcantos.org/index.php/canto-6-title-page/vi-sources/178-bernart-de-ventadour / http://toddtarantino.com/hum/ventadorn.html / 

生年代:1125年頃

没年代:1190~1200年頃