鈴木政吉

生没年・出身地・歿地・墓地
鈴木政吉 Masakiti Suzuki

(1859年12月11日現・名古屋市東区宮出町生)
(1944年1月31日愛知県大府市大府町で没)

1.職業

日本のヴァイオリン製作者

2.称号

3.経歴

父、正春は「同心」株を買い尾張藩の武士となる、細工好きの腕を生かして琴や三味線作りの内職して生計の足しにしている、
政吉はそれを手伝う
8才から漢学を習う
1869年藩校「明倫堂」に入る
1870年藩の音楽隊太鼓役で出仕
1871年廃藩置県で県に移管有料となり退学
1872年東京浅草の塗物商飛騨屋の奉公人となる
17才で帰郷し家業の三味線製作に従事
1884年父の死
1887音楽教師恒川に唱歌を習いはじめ、同門の甘利が持つ東京深川の松永定次郎作の日本製ヴァイオリンに興味を持つ
独学でヴァイオリン製作技術を身につけ苦労の末
1888年ヴァイオリン第1号完成する
オルガン製作者の山葉寅楠(ヤマハ創業者)と契約
1889年上京し東京音楽学校教授ルドルフ・ディートリヒに鑑定を依頼し好評を得る
1890年内国博覧会で3等有功賞
1893年シカゴ・コロンブス博覧会で褒章
1900年パリ万博で褒章
1905年工場建設
1906年マンドリンを作る
1907年ギターを作る
名古屋市議会議員
1910年ロンドン日英博覧会で名誉大賞
1915年パナマ太平洋国際博覧会で金賞
1917年緑樹褒章
1925年紺綬褒章
1926年米国独立150年万博で金牌
1927年名古屋離宮で天皇陛下と単独拝謁
1932年経営が行き詰まり、倒産、和議申請し社長を退き、東京滝野川の借家に住む
1934年大府町の工場隣接地に移り住み楽器の研究で余生を過ごす。

4.主な作品

5.その他

三男の鈴木鎮一はヴァイオリニスト、スズキ・メソードの創始者。音楽教育家。米国では著名。

6.初演

7.関連動画


Masakichi Suzuki Violin
 

 

 

参考文献:「クラシック作曲家辞典」中河原理監修、フェニックス企画編 東京出版堂 「音楽史(音楽講座)」堀内敬三著 音楽之友社 「偉大なる作曲家のためのカルテ」五島雄一郎著 医療ジャーナル社 「wikipedia」 「glennmie.blog.s0-net.ne.jp」 「robortkelloyphd.com」 「dictionary/composer/alkan」 「maucamedus.net/solmization/gawut」 「www.tcat.ne.jp/eden/music」 「www.cadenza-od.com」 「www.coara.or.jp/-doraemon/gagaku/nenpyoz.htm」 「www.gecities.jp/gzgaku.ryuteki」 「www.univesal-music,co.jp」 「maokato.jp/bihoro/bihoro 「homepage3.nifty.com/cio/a-alta」 「www.wagnerdailas.com」 「江戸東京年表」吉原健一郎・大濱徹也編 小学館 「日本史・世界史 同時代比較年表」楠木誠一郎著 朝日新聞出 「音楽文庫・日本音楽史」伊庭孝著 講談社 「tsuzu/asakusaopera-nenpu.html」 「tsuzu/operetta-kafu.html」