カ-ル・ベ-ム

生没年・出身地・歿地・墓地
カ-ル・アウグスト・レオポルド・ベ-ム生誕 Karl Böhm

(1894年8月28日グラーツ生)
(1981年8月14日ザルツブルクで歿)

1.職業

オーストリアの指揮者

2.称号

3.経歴

ボヘミアのパン屋の家系
1.父はグラーツ歌劇場の顧門弁護士、ハンス・リヒターやカール・ムックとの親交があり第1回のバイロイト音楽祭からのワグネリアンであった。大伯父にオーストリア陸軍大臣、オペラ歌手であった人がいる

2.カ-ル・ベ-ムは幼少から良好な音楽的環境の中、裕福な家庭に育つ

グラーツ中高等学校を卒業

同地のカール・フランツ大学に入学。フランツ・シャルクの紹介でウィーンでオイゼビウス・マンディチェフスキーに作曲法・対位法・和声学、グローアーにピアノを師事す

1914年第一次世界大戦勃発。グラーツに戻りグラーツ輜重師団入隊

1915年軍務中に馬に蹴られ重傷を負う1916年小隊長で除隊
グラーツ大学で法律を学ぶ傍らゲオルク・マルコヴィッツの招きでグラーツ市立歌劇場コレペティート

1917年同歌劇場で指揮者デビュー

1919年グラーツ大学法学博士号を取得。グラーツ歌劇場第2指揮者就任

1920年第1指揮者。

1921年1月カール・ムックの推薦で、ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場総監督ブルーノ・ワルターに招かれ同歌劇場でオペラ「魔弾の射手」「蝶々夫人」を試演。6月同歌劇場第4指揮者となる

1926年同歌劇場第1指揮者

1927年テア・リンハルトと結婚

1927~31年ダルムシュタット州立歌劇場音楽監督

1931~34年ハンブルク歌劇場オペラ監督

1934~42年ドレスデン国立歌劇場総監督

1935年レコード初録音

1937年フルト・ヴェングラーの招きでベルリン・フィル客演

1938年ザルツブルク音楽祭出演指揮しその後終身客演指揮者となる

1943年ウィーン国立歌劇場総監督。ウィーン交響楽団首席指揮者兼務

1943~44年チューリッヒ六月音楽祭出演。第二次世界大戦後、連合軍により演奏活動停止命令を受ける

1947年グラーツ市立歌劇場管弦楽団を指揮して活動開始、8月ザルツブルク音楽祭出演

1948年ミラノ・スカラ座デビュー

1950~53年ブエノスアイレスのコロン劇場ドイツオペラ首席指揮者

1952年母死去、網膜剥離の手術を受ける

1954~56年ウィーン国立歌劇場総監督

1956~61年ウィーン・フィル首席指揮者

1956年シカゴ交響楽団指揮してアメリカデビュー

1957年メトロポリタン歌劇場指揮デビュー

1959年ザルツブルク市よりモーツァルト・メダル授与

1961年ベルリン・フィルのアメリカ、カナダ演奏旅行にカラヤンと同行

1963年10月20日ベルリン・ドイツ・オペラ東京公演に同行し初来日

1964年オーストリア共和国音楽総監督、ザルツブルク名誉市民、ベルリン・ドイツ・オペラ名誉団員、グラーツ名誉市民、ドイツ連邦功労十字勲章受章

1965年グラーツ大学名誉評議員

1967年ウィーン・フィル名誉指揮者の称号を受ける

1968年ウィ-ン国立歌劇場名誉団員

1974年ウィ-ン楽友協会名誉会員。ハンブルク国立フィル名誉指揮者。ロンドン交響楽団名誉会長

1978年バイエルン国立歌劇場名誉指揮者

1980年ダルムシュタット州立劇場名誉会員

1981年3月テレビ映画「エレクトラ」録画撮りの際に血行障害が再発し療養、6月録音完了。8月死去。

4.主な作品

5.その他

6.初演

7.関連動画

Mozart – Piano Concerto No19 Pollini, Böhm ,Wiener philharmoniker

 

Mozart -Piano Concerto No 23 A major K 488, Maurizio Pollini, Karl Bohm

 

Wagner: Tannhäuser Overture

 

Brahms Symphony no.1 Karl Böhm 1959

 

Karl Bohm und die Wiener Symphoniker.Probe/Schubert Sinfonie 9.

 

Mozart Requiem

 

Karl Böhm/VPO, The Firebird (L’Oiseau de feu) rehearsal in 1975

 

ポートレート 「カール・ベーム」 (ドキュメンタリー) 【日本語字幕付き】 (1967)
Portrait “Karl Böhm” (Documentary) (1967)

 

Musikstadt Berlin: 1942/44 footage with Karl Böhm.

 

参考文献:「wikipedia」 「glennmie.blog.s0-net.ne.jp」 「robortkelloyphd.com」 「dictionary/composer/alkan」 「maucamedus.net/solmization/gawut」 「www.tcat.ne.jp/eden/music」 「www.cadenza-od.com」 「www.coara.or.jp/-doraemon/gagaku/nenpyoz.htm」 「www.gecities.jp/gzgaku.ryuteki」 「www.univesal-music,co.jp」 「maokato.jp/bihoro/bihoro 「homepage3.nifty.com/cio/a-alta」 「www.wagnerdailas.com」 「江戸東京年表」吉原健一郎・大濱徹也編 小学館 「日本史・世界史 同時代比較年表」楠木誠一郎著 朝日新聞出 「音楽文庫・日本音楽史」伊庭孝著 講談社 「tsuzu/asakusaopera-nenpu.html」 「tsuzu/operetta-kafu.html」