イサイ・ドブローウェン

生没年・出身地・歿地・墓地
イサイ・アレクサンドロヴィチ・ドブローウェン生誕 Issay Alexandrovich Dobrowen

 (本名)
(イツハク・ゾラホヴィチ・バラベイチク)
Itschok Zorachovitch Barabeitchik

(1891年2月27日ニジニ・ノヴゴロド生)
(1953年12月9日オスローで没)

1.職業

ロシアの指揮者・作曲家・ピアニスト

2.称号

3.経歴

4才でピアニストとして演奏
ノヴゴロドの音楽院で学ぶ
1901年ピアニストのデビッド・ショアの紹介でモスクワ音楽院に入りセルゲイ・ネターエフに作曲、コンスタンチン・ニコラエヴィチ・イグムノフにピアノを師事
1911年卒業しその後ストコフスキーと一緒にウィーンに勉学に行き、パリに半年滞在後モスクワに戻る。スタニスラフスキー劇場のピアニスト・作曲家になる。1917~21年モスクワ・フィル音楽院教師
1918年指揮者デビュ-
1919~22年ボリショイ劇場指揮者
1920年レーニンの前で演奏
1922年モスクワを離れドイツ、ドレスデン・ゼンパーオーパーでオペラ「ボリス・ゴトゥノフ」を指揮して脚光を浴びウィーン・フィルライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団等の客演指揮をする
1924年ヴェスデン劇場指揮者
1927年~31年オスロフィル首席指揮者・音楽監督
1927~28年ベルリン・ソフィアオペラ指揮者
1929年ノルウエーの市民権を得て帰化
1930~34年サンフランシスコ交響楽団首席指揮者・音楽監督
1936~39年ブタペストのオペラ劇場指揮者
1940~45年スウェーデン王立歌劇場指揮者
1941~53年エテ-ボリ交響楽団首席指揮者。ミラノ・スカラ座、コヴェンント・ガーデンで客演指揮
1946~52年ロンドン、フィル・ハーモニア管弦楽団とHMVとの録音を残す。

4.主な作品

5.その他

6.初演

7.関連動画


Issay Dobrowen – Piano Concerto in C sharp minor, Op. 20 (1926)
 


Issay Dobrowen – Sonata for violin and piano in F sharp minor, Op. 15
 


Dobrowen – Piano Sonata No.2 Op.10
 


Elégie – Issay Dobrowen
 


Issay Dobrowen – Valse in E minor, Op. 6 No. 2
 


Issay Dobrowen – Etude in C sharp minor, Op. 13 No. 6
 

参考文献:「クラシック作曲家辞典」中河原理監修、フェニックス企画編 東京出版堂 「音楽史(音楽講座)」堀内敬三著 音楽之友社 「偉大なる作曲家のためのカルテ」五島雄一郎著 医療ジャーナル社 From Wikipedia, the free encyclopedia 「glennmie.blog.s0-net.ne.jp」 「robortkelloyphd.com」 「dictionary/composer/alkan」 「maucamedus.net/solmization/gawut」 「www.tcat.ne.jp/eden/music」 「www.cadenza-od.com」 「www.coara.or.jp/-doraemon/gagaku/nenpyoz.htm」 「www.gecities.jp/gzgaku.ryuteki」 「www.univesal-music,co.jp」 「maokato.jp/bihoro/bihoro 「homepage3.nifty.com/cio/a-alta」 「www.wagnerdailas.com」 「江戸東京年表」吉原健一郎・大濱徹也編 小学館 「日本史・世界史 同時代比較年表」楠木誠一郎著 朝日新聞出 「音楽文庫・日本音楽史」伊庭孝著 講談社 「tsuzu/asakusaopera-nenpu.html」 「tsuzu/operetta-kafu.html」